終活をはじめたい方、これから先のことが不安な方必見 終活サポート湘南はあなたの終活を支援します!

終末期医療と尊厳死とは

  • HOME »
  • 終末期医療と尊厳死とは

終末期医療とは、重病の末期で不治と判断されたとき、治療よりも患者の心身の苦痛を和らげ、穏やかに日々を過ごせるように配慮する療養法のことです。

現代医学では、延命治療が実施されています。

「治る見込みがないなら延命治療は行わないでほしい」、「植物状態になったら生命維持装置を外してほしい」、「自然に死にたい」と考える方が増えています。

そのような人間としての尊厳ある死を自己決定しようというのが尊厳死です。

尊厳死を希望する場合、文書(リビング・ウィル)を作成しておく必要があります。

「リビング・ウィル」には、重病になり自分自身では判断ができなくなる場合に、どのような医学的あるいは法的判断をしてほしいかを説明しておくことを記入します。

要するに「終末期の医療やケアについての意思表明書」のことです。

文書は、家族や医師に提示しておきます。医師も尊厳死を承諾して延命治療を実施しないケースが多くなってきています。

介護が必要になった時に自分が利用したいサービスは何か。

医療が必要になった時に受けたい医療サービスは何か。

延命治療は必要なのか。

自分自身のことを自分で判断できるうちに正しい知識を持ち、決めておくことは、限られた人生をより充実して生きる上でとても重要なことです。

終活のご相談はこちら TEL 0463-36-7111 9:00~20:00 (月~土)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
相続よろず相談所
シニアライフサポートセンター
神奈川県孤独死防止サポートセンター
エンディングノートの書き方サポートセンター

孤独死防止のための終活実践ガイド

孤独死防止のための終活実践ガイド

終活を考えはじめた人のエンディングノート

終活を考えはじめた人のエンディングノート

相続のすべてが3時間でわかる本

相続のすべてが3時間でわかる本
PAGETOP
Copyright © 終活サポート湘南 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.