終活からはじめる!孤独死防止マニュアル

単身者の葬儀とは

1.単身者の葬儀とは

終活がブームとなって久しいですが、終活の中でも、やはり気になる方が多いのは、自分自身の葬儀のことです。

葬儀は、自分が主役でありながらも誰かの手を借りなければ、行うことはできません。

ですから、単身者が亡くなった場合、何も準備できていなければ、遺族が葬儀社の選定からすべてを執り行わなければなりません。

子がいる場合であれば、親子の関係性が希薄であっても葬儀を行ってもらえるとは思いますが、まったく交流がない場合であれば、ごく簡潔に済ませる場合もあれば、葬儀をしないで火葬のみというケースもあります。

子がいない場合は、親が健在であれば、親が行います。

親も亡くなっている場合は、兄弟姉妹あるいは、その子である甥や姪に行ってもらうことになります。

それでも、やはり負担をかけることになるのは間違いありません。

また、今ではまったく身寄りがないケースも増えています。

その場合は、葬儀を行わず、火葬のみを行う直葬となります。

いずれにせよ、単身者は何も準備を行わなければ、遺族や地域社会に負担をかけることは間違いありません。

そのような迷惑な亡くなり方を避けたいと考え始めた単身者が終活に取り組んでおります。

終活として、事前に葬儀について、自分自身で葬儀の内容や形式、費用などを決めておくことで、遺族への負担を軽減することができます。

単身者の場合は、ごく身近な親族や友人等、こじんまりとした形になるケースが多いので、家族葬を選択する方が多いです。

自分自身で納得がいくように、葬儀社の選定から葬儀の内容を生前に決めておく「生前契約」を行うことが安心です。

生前契約参照

そのためにも事前にエンディングノートを活用してどのような葬儀にしたいのか、頭を整理しておくことをおすすめいたします。

葬儀の内容が決まったら、信用できる葬儀社を選定して、葬儀の内容やその想いを伝えてください。

※葬儀社の選定でお困りの時は、神奈川県葬儀社紹介サポートサービス参照

葬儀のことが生前に決まっていれば、今後の人生を安らかな気持ちで生きていくことができます。

超単身社会の現代こそ、生前に自分の葬儀を決めておく生前契約が常識となる時代にしていかなければなりません。

孤独死に関するご相談はこちら! TEL 0463-36-7111 受付時間 9:00 - 20:00 [ 月~土 ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
相続よろず相談所
終活サポート湘南
シニアライフサポートセンター
エンディングノートの書き方サポートセンター
  • twitter

孤独死防止のための終活実践ガイド

孤独死防止のための終活実践ガイド

相続のすべてが3時間でわかる本

相続のすべてが3時間でわかる本

終活を考えはじめた人のエンディングノート

終活を考えはじめた人のエンディングノート
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.